本文へスキップ

サランラップ包装を容易に開封できるように開発されたキッチン用品。

お問い合わせは

leap@orennjiiro.comへ

冷蔵庫内の収納方法

さあ、料理に取り掛かろうと思っても、冷蔵庫の中身が食材や調味料が
ごちゃごちゃに詰め込まれた状態だと効率も悪いですよね。
そんな、冷蔵庫だと食材を腐らせてしまう、なんてことも多いのではないでしょうか?
食中毒を防ぐためにも、冷蔵庫内を整理し清潔にしましょう。

冷蔵室

★食材等の指定席を決めていきます。

最上段
・・・奥の見にくい最上段には長いもの、ペットボトル等

ドアポケット
・・・すぐ目につくドアポケットには、調味料や瓶詰の保存食などは、使い切れずに残りがちな物

チルド室
・・・冷蔵庫より低温なチルド室には、肉・魚介・発酵食品


★中身と量を見やすくする
中身が見える透明な容器を使用し、管理しやすくする。

★用途別にまとめて収納
弁当用、朝食用等、まとめてトレイ等を使用して分類する


冷凍室
★ジッパー付き袋等、立てて保存

★7割以上の空間を埋める
冷凍室も中身が少ないと、内部の空気を冷やそうとして熱効率が悪くなり、電気代が上がります。
スペースの7割以上を埋めるよう意識しましょう。
虫がわきやすい小麦粉やパン粉などは、冷凍室の空間を埋めるのに役立ちます。

野菜室
★上段
つぶれやすい物、日持ちしない物、使いかけの野菜等
★下段

長い野菜は容器に入れ立てて保存
牛乳パックやペットボトルの容器を半分に切り、ネギやキュウリなど細長い野菜を立てて保存すると、スペースが生まれます。野菜くずなどで野菜室の底の部分は汚れやすいので、底にポリ袋、新聞紙の順で敷きます。これならそのまま捨てられ、拭く手間も省けます。

底にポリ袋、新聞の順で敷く

販売者

リプラ製作所
お問い合わせ

leap@orennjiiro.com